スタッフブログ

2017.12.28更新

その3:1日3食。時間もなるべく決まった時間に食べる。

➩食事を抜いたり、時間が不規則だと、次にいつ食物が入ってくるのかと危機感を感じた体が栄養をため込もうとして、太りやすくなると言われています。

 

その4:よく噛んで食べる。

➩よく噛むことによって、満足感が得られたり、唾液の分泌も盛んになって、消化も助けられます。

 

その5:栄養のバランスを考えた食事を摂る(炭水化物と脂質の摂りすぎに注意する)

➩赤ちゃんの健やかな成長のためには、適切な栄養バランスの食事が不可欠です。

ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しないよう、気をつけるとともに、炭水化物や脂質の摂りすぎに気をつけましょう。

ちなみに、お正月と言えばお餅。私も大好きですが・・・

切り餅1個(約50g)で118Kcal。同じ量のごはんの1.4倍です。これは超危険!!

 

その6:薄味にする。

➩味付けが濃いとご飯が進むし、塩分がたくさん含まれていると、むくみやすくなります。血圧にもよくありません。今回のお正月は、薄味のメニューを!

 

その7:食べる分だけ取り分ける。

➩大皿に盛ってあると、つい、食べ過ぎてしまいます。予め食べる量を決めて、一人分ずつ取り分けて食べましょう。

 

その8:食事記録を書く。

➩『気をつけているのに、どんどん体重が増えてしまう・・・』そんな方にお勧めです。

いつ・どこで・なにを・どのくらい食べたか?ちょっと手間ですが、

もれなく書き出してみましょう。何か原因が見つかるかもヾ(;´▽`A``

 

その9:経産婦さんはお子さんの食べ残しに手を付けない。

➩もったいないお化けが出そうですが、ここは我慢です。(´д`ι)

 

その10:適度な運動を忘れずに。

➩お正月はTVを見ながらこたつでゴロゴロ・・・

お正月も勤務の私にはめちゃめちゃ羨ましいですが、これはNG。寒いのでおっくうになりがちですが、ウォーキングやヨガなど日課にしましょう。ただし初詣は、人混みが危険なので、3が日が過ぎて人出が落ち着いてからが良いかと思います。

 

以上、一つでも実行できるものからやってみて下さいね。

 

それでは、みなさま良い年をお迎えください。(*・∀・*)ノ

明年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 大宮林医院

web予約 スタッフブログ  エコー動画オンラインサービス
web予約