スタッフブログ

2018.07.09更新

みなさま、こんにちは!

助産師の雪江です。⛄⛄⛄⛄⛄⛄

 

6月下旬、じめじめ&じとじとの雨の中、ウルトラ高不快指数にため息をついて間もなく、( ̄Д ̄;;・・・なんと梅雨終了!?!?!?!?!?

関東で6月中に梅雨が明けるのは、観測史上初だとか・・・((・・;))

 

一方、ここ数日、九州、四国や東海、北海道では台風や低気圧の影響で大変な大雨となり、大きな被害も出ていますね。

 

当院の患者様の中にも色々な地域から里帰り出産をされたり、または実家に里帰りされる方もいらっしゃいますので、ニュースを見るたび心配しています。(`;ω;´)(´;ω;`)

 

このブログでもたびたび触れていますが、みなさまのおうちの災害対策は万全ですか?

災害はいつ起こるかわかりません。第1に命を守り、安全を確保し、少しでも不自由のない生活ができるように、この機会にぜひ見直してみましょう。

 

災害といっても、いろいろありますね。

 

まずは、いま大地震が起きたら…洪水に見舞われたら…と、想像してみましょう。

その程度や状況によって違うと思いますが、外に避難するとしたら、広域避難場所はどこか?また、何日分くらい、何を備蓄をしておけばいいのか・・・考えることはたくさんあると思いますが、妊婦さんや乳幼児は災害弱者となりますので、いろいろシュミレーションをしておくとよいと思います。

 

どんなものを用意すればよいか・・・については、まずはさいたま市の母子手帳別冊のP36~37を参考にして下さい。

 

内閣府ホームページにあります『防災情報のページ』や、さいたま市危機管理防災気象情報ホームページなどもご一読されると良いかと思います。

 

日ごろから一人一人が災害への備えを心がけていきましょう。(。・w・。 ) 

 

 

投稿者: 大宮林医院

web予約 スタッフブログ  エコー動画オンラインサービス
web予約