医師・スタッフ紹介

医師紹介

理事長・院長/林 正敏

私たちは長年、お産を通じて地域の女性のみなさまのサポートをさせていただいてきました。そのなかでずっと変わらぬ想いは、
「当院でお産をされたお母様に笑顔で退院していただくこと。お家に戻られてからの赤ちゃんとの生活がスムーズにスタートをきれるためのお手伝いが出来ること」
スタッフ一同、ホスピタリティの精神で皆様をお迎えいたします。

医院の沿革をお聞かせください。

昭和2年、大宮駅の西側地区は、まだ無医村でした。祖父、林 彰が旧三橋村
(現:大宮区三橋2丁目)で林医院を開業。内科医として遠くは川越市や富士見市まで往診に伺い、昼夜を問わず診療に明け暮れ地域の皆様の健康をお守りしていたそうです。
昭和40年に現在地に移転。昭和42年顧問院長(林 正)が産婦人科を開設。
以来約半世紀にわたり、この地で産声をあげた5000名以上の赤ちゃん誕生を見届けてきました。
平成14年、私が主となり産科診療を行うにあたりリニューアルオープン。
代々受け継いできたものは患者様の「いのちのバトンを繋ぐこと」これからも、その想いを忘れずに、新たないのちの誕生をお手伝いしていけたらうれしいですね。

 
 

ドクターズインタビュー

先生が産婦人科医をしていてよかったと感じる瞬間は?

私が産婦人科医を志したのは、産婦人科医として働く父の姿を幼い頃から身近で見てきたから。父と街を歩いていると、父がお産のお手伝いをしたお母様が「先生に取り上げて頂いた子が、こんなに大きくなりました」とお声をかけてくださり感謝してくださるんです。そんなシーンを目にすることも多々あり、自然に憧れるようになっていましたね。
私は元々、生まれ育った大宮という地が大好きなので、長年地域に根付いてきた医院を継承できることはうれしかったですね。父が取り上げたお子様がお母様になり、そのお子様を今度は私が取り上げる。この地でずっと産科をやってきた証だと感じる瞬間ですね。
医学の進歩した現代にあっても、お産は突発的に予期せぬことが起きたり、女性にとってはやはり命がけの大仕事です。我々スタッフも精一杯お手伝いをさせていただいていますが、お産に携わっていると辛い出来事もたくさんあります。それでも、早産のため未熟児センターにお世話になっていた赤ちゃんが無事退院後に、元気な姿を見せに来て下さった時などは、すごくうれしくて。命の誕生のお手伝いが出来る、最高にやりがいのある仕事だと想っています。

ホームページをご覧の方へメッセージをお願いします。

産婦人科は、なかなか足を運びにくい場所だと想います。であるからこそ、なるべく「病院らしくない病院」をコンセプトに、院内のインテリアを木目調の落ち着いた雰囲気で統一。女性のインテリアコーディネータの視点で、お母様方がリラックスして入院生活を送って頂ける環境作りに努めました。
お産はお母様とお生まれになる赤ちゃんが主役です。ご安産で元気に退院して頂くことが、ご家族様同様、私達も共通の願いです。私たちスタッフは、ホスピタリティの精神で、精一杯サポートをさせていただきます。退院後に「またここでお産をしたい」と思って頂けるようなクリニック。「おなかの中よりあたたかい場所」を目指して努力して参ります。

経歴

平成5年 埼玉医科大学医学部卒業
埼玉医科大学総合医療センター産婦人科 勤務
平成12年 同 総合周産期母子医療センター 母体胎児部門 勤務
平成14年12月 大宮林医院 副院長
平成24年12月 同 理事長・院長

資格

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本ソフロロジー法研究会 認定上級指導医
  • 日本ホスピタリティ推進協会認定 ホスピタリティ・コーディネータ

求人情報

現在求人募集はしておりません。

募集職種

  • 助産師
  • 看護師(分娩の外回りや新生児室などの産科病棟の経験をお持ちの方)

応募方法

まずは、「ホームページを見た」とお電話ください。
紹介会社を介さずに、直接当院にお電話をいただいて採用となった場合、入職準備金のご用意もございます。

web予約 スタッフブログ  エコー動画オンラインサービス
web予約